正確な査定結果を知りたい

必要な情報を記入しよう

車の査定を任せる際は、いつ発売されたものなのか年式を書いてください。
査定をする時、年式は重要なポイントになります。
一般的に年式が古いと査定金額は安くなり、新しい車は高く買取ると言われています。
他には、走行距離も伝えた方がいいですね。
年式が新しくても、走行距離が長い車は高値をつけられにくいと覚えておきましょう。

車のメーカーや車種など、基本的な情報も専用フォームに記入してください。
情報があれば、それだけ正しい査定結果を入手しやすくなります。
必要ない情報化もしれないと、勝手に判断しないでください。
自分ではそう思っても、お店にとっては大切なポイントかもしれません。
思いつくことは何でも書き込んでください。

写真一緒に送信しよう

専用フォームには、写真も追加できます。
写真があれば、外見が綺麗なのか判断できます。
年式が新しくて、走行距離が短い車でも傷だらけだった場合は安い価格になってしまいます。
綺麗な車は、それだけで価値が高いです。
年式が古い車でも、綺麗なら予想以上の価格で買取ってくれるかもしれません。

外見の写真は、いくつか載せるといいでしょう。
正面、横、うしろの写真は必要です。
シートに汚れがついていないことを証明するため、内部の写真を追加する野のがおすすめです。
綺麗な車だということを、積極的にアピールしてください。
具体的な情報があれば、より早く査定が終わるというメリットもあります。
様々な写真を見せて、正しい結果を得ましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ